店主紹介

 

当ショップの商品は「加賀 優作」が企画・考案しています。

 


 バックグラウンド 

さて私、加賀優作が占い師と名乗るようになるまでには紆余曲折ありまして、時は、私が2歳だった春まで遡ります。秋田県の小さな町、まだすこし肌寒い朝方、死んだ愛犬が庭へ埋葬されるさまを、祖母に抱きかかえられながら見ている。その光景が、自力で思い出せる最古の記憶として残っているのですが、「死」という原体験には、絶望も希望もなく、儚く移ろいゆくなにかに、幼い私はただ思いを馳せるだけでした。その感覚が、祖母から受け継いだ「目には見えないものを感じ取る力」によるものなのだと気づくのは、もう少し先のお話。

繰り返される引越しや転校、家族の入れ替わりなどで、目まぐるしく現実が変わっていく幼少期を過ごすなかで、祖母の書庫からくすねた観相学や姓名判断の資料、初めてのお小遣いで買ったタロットカードが徐々に、そして確実に、私の内側で「変わらないもの」となっていきました。 

そうなれば怖いものなしと言わんばかりに、15歳で単身上京。都会に集う人たちは、面持ちも背負っているものもバリエーションに富んでいて、幼少期に培われた、人の顔色を窺う性質をフル活用し、ろくに登校もせずたくさんの人たちと交流し、データを集めまくりました。

単位ギリギリで高校を卒業したあとは美術大学へ進学するも、これまた学業そっちのけで、今度は夜の世界へ足を踏み入れます。新宿は二丁目、ゲイの聖地とも云われる街で、私は活き活きしながら闇と戯れていました。人間のナマの感情が剥き出しになって犇く世界。なんて面白いんだろう!大学を中退して残った学費となけなしの貯金で、とうとうゲイバーまで開きました。

弱冠25歳のママ、当時最年少です。絶対にナメられてはいけない。なにか、他のお店とは違う色を出さなくちゃ。考えあぐねて祖母に電話し泣き言を言っていると、「占いやれば?そういうの好きだったでしょ」と一言。家族にはひた隠しにしてきたつもりが、祖母にはすべてお見通しだったようで、私もここで初めて、そういう力って遺伝するんだ……と理解し、あの原体験の不思議な感覚にも納得がいったのです。ひとつ異なるとすれば、その力の顕れ方。祖母はいわゆる「視える人」であるのに対し、私は、音として聴こえたり言葉として湧いてくるタイプ。彼女はそれすらも見越して、占いを勧めたのでしょう。「あたしは見えちゃうだけだからねえ」と。あの人にはいつまで経っても、敵わないな。

決まってしまえばやらない手はない。早速、店のメニューに鑑定コースを設けて、表に掲げました。二丁目初の占いバーです。ボトルやシャンパンをおろしてくれた方にだけできればいいかな、程度に考えていたのですが、瞬く間にクチコまれてゆき、お酒を飲みにくるお客さんより鑑定希望のお客さんで埋まる、という嬉しい悲鳴状態に。予想の斜め上をいく展開を前に、私はいよいよ決断を迫られます。このままいけば、ママとしても占い師としても、両立できずに自分が壊れてしまう。もうちょっとだけ無理がきく、このひとつの身体をどちらに振ろうか。

私は大いなるなにかの導きを肌で感じながら、店舗をたたみ、占い師として活動する道を選びました。「流浪の占い師・加賀優作」の誕生です。それからは新宿という、濃密だけれども限られた場所から、大阪、名古屋、博多。果ては台湾、韓国、アメリカと、世界を飛び回る日々が始まりました。その歩みの途中で、見てくれを評価されてモデルとしてもお仕事をし「布地が少ない占い師」になったりもしましたが(笑)。それらはすべて、両腕いっぱいに抱きしめたいほど、大切な思い出です。

2020年、世界を取り巻く空気がガラリと一変したことは、みなさんが体感されたことと思います。浮世に興味のない私も漏れなく影響を受け、面と向かって語り合う対面鑑定から、電波を介したオンライン鑑定へと根城を移しました。その環境に慣れようと試行錯誤するうちに浮世離れが加速したのか、いまでは鑑定中に「動いてる!実在するんですね!!」などと言われる有り様です(笑)。

 



 占術 

先にもちらほら書きましたが、複数の占術を使い分けたり、場合によっては併用して占います。

・タロットカード (特に、トートタロットは実際の鑑定でよく使用します。)
・西洋占星術 (心理占星術寄りの解釈を主に取り入れています。)
・人相術 (古典の観相学を土台に、パーツの美醜でなくお顔に巡るエナジーを察る現代風解釈です。)
・姓名判断 (複数の流派をいいとこ取りした加賀独自の解釈です。新字体を用います。)

 



 スタイル 

※命の生死(妊娠・出産なども含みます)や、医療分野に関わる内容、投機、ギャンブル、宗教、政治、または日本国の定める法に反するもの。それらに関するご相談はお引き受けいたしかねます。

※鑑定内容の録音・撮影は固くお断りしております。
オンライン鑑定におけるログ・スクリーンショットの保存もご遠慮ください。こちらが提示するカードやホロスコープの画像、鑑定内容のメモはこの限りではありません。

これらは術者の技術情報保持や、占いという非日常体験を普遍化しないためにたいへん重要な項目ですので、ご協力をお願い申し上げます。

よほどのオカルト好きでない限り、占いに手を出すくらいになると、ご自身が思う以上に不安を溜め込んでしまっている場合が多いです。不安というのは、一度生まれるとなかなか消えてくれない感覚なので、「まずは不安の根幹にフォーカスを当ててから、選択肢を提示していく占い師でありたい」と常に考えながらお仕事をしています。あくまで個人的な考えですけれども、いたずらに混乱を煽ったり、まやかしの気休めで煙に巻くようなやりかたは、もう今の時代、古いんじゃないかなあと思います。とはいえ私は、聞きたい言葉だけを喋る傀儡人形ではありませんので、けっこうハッキリ言ってしまうほうです。出た結果をそっくりそのままお伝えするしかできないだけなんですけどね(笑)。甘い言葉に酔い痴れたいだけの人はホストクラブにでも行ってください。



 FORTUNE 
・タロットカード
・西洋占星術
・人相
・姓名判断


 SESSION 
セッション商品では下記の占術を用います。

■占術について

複数の占術を使い分けたり、場合によっては併用して占います。

・タロットカード (特に、トートタロットは実際の鑑定でよく使用します。)
・西洋占星術 (心理占星術寄りの解釈を主に取り入れています。)
・人相術 (古典の観相学を土台に、パーツの美醜でなくお顔に巡るエナジーを察る現代風解釈です。)
・姓名判断 (複数の流派をいいとこ取りした加賀独自の解釈です。新字体を用います。)


■占術のご希望や必要情報について
ある程度、ご希望の占術を決めていただくとスッと本題に入れる為、時間のロスが減る傾向がございます。その為、必須ではありませんがもしご希望の占術がありましたらご記載ください。短期的なことやご相談内容がハッキリしている場合はタロットがおすすめです。時期に関する相談などは占星術が良い場合もございます。お選びになる際のご参考にしてください。

また、ご希望の占術をご記入いただける場合は必要となる情報も併せてご入力いただけると幸いです。各占術で必要となる情報は下記の通りです。情報が正確なほど、占いの精度もあがります。

西洋占星術  生年月日、出生地、出生時刻 (なるべく正確な時刻をお願いします。)

姓名判断 : 姓名(両親の離婚/婚姻で姓が変わっている場合、旧姓。改名で名前も変わっている場合は改名前の名前)

人相術 : なるべくスッピンで、過度な化粧はお控えください。

タロット : 鑑定の注意事項に触れなければ特に制約はありません。



 LINK 
オフィシャルウェブサイト「かが亭
Twitter「加賀優作 Yusaku Kaga